トム・ラソーダ新CEO

プラグインハイブリッド4ドアスポーツカー、『カルマ』を米国で発売したフィスカーオートモーティブ。同社が、新CEO人事を発表した。

これは28日、同社が明らかにしたもの。新たなCEOには、2011年12月に副会長としてヘッドハンティングされた元クライスラーグループの社長兼CEO、トム・ラソーダ氏が昇格。フィスカーの創設者で、前CEOのヘンリック・フィスカー氏は会長に就任する。

トム・ラソーダ氏はGMで23年間キャリアを積んだ後、2000年にダイムラー・クライスラー(当時)にヘッドハンティング。1998年、旧クライスラーはダイムラーと合併し、ダイムラー・クライスラーが誕生したが、ラソーダ氏はクライスラー側で、経営の主導的役割を果たした。

ラソーダ氏は、クライスラーグループとフィアットの資本提携成立に尽力した後、2009年に同社を退社。自動車業界での経歴は、30年以上に及ぶ。

新CEOに任命されたトム・ラソーダ氏は、「フィスカー社は自動車業界をリードする先進技術を持った企業。グローバル企業への飛躍に向けて尽力したい」とコメントしている。

フィスカー・カルマ