左サイドやリアに行き先表示が付いた新車両。女性向けや上級クラスの新シートが装備される。《撮影 大野雅人》

ウィラーエクスプレスは、新シート装備車両(日野『セレガ』)を公開。高速路線バス参入をにらんだ行き先表示(左サイド・リア)などが追加されて登場した。

今回公開された車両は、1月に発表された新シート「ボーテ」(女性専用車)、「ニュープレミアム」(上級クラス)、「リラックス」(座席モニター付)、同(9列ワイドタイプ)の4台。

いずれも首都圏と中京圏・関西圏などを結ぶ高速バス(昼行・夜行)に充当される車両で、今後の「高速乗合バス規制の見直しと高速ツアーバスから『新高速バス』への移行促進」などを軸とした省令改正をにらみ、左サイドとリアにLEDによる行き先表示が追加された。

今回の新シート装備車両増備は44台。女性専用車14台、上級クラス14台、機能追加・ワイド化車16台という内訳で、「今後もユーザーのニーズにあわせた車両・サービスを適宜導入しつつ、安全強化に向けた改善に取り組んでいく」と同社は話していた。

左サイドやリアに行き先表示が付いた新車両。女性向けや上級クラスの新シートが装備される。《撮影 大野雅人》 左サイドやリアに行き先表示が付いた新車両。女性向けや上級クラスの新シートが装備される。《撮影 大野雅人》 左サイドやリアに行き先表示が付いた新車両。女性向けや上級クラスの新シートが装備される。《撮影 大野雅人》 左サイドやリアに行き先表示が付いた新車両。女性向けや上級クラスの新シートが装備される。《撮影 大野雅人》