改善箇所説明図(1)

いすゞ自動車は28日、路線バス『エルガ』の乗降口と電気装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年3月14日〜11年2月10日に製作された1390台。

不具合は以下の2か所。

(1)グライドスライド扉の扉シャフトの回転軸が偏心しているため、扉アームのボールジョイント内部の潤滑が不十分となり、ボールジョイントが焼け付いて扉の開閉ができなくなるおそれがある。

(2)車外扉開閉スイッチ配線の接続部の防水処理が不適切なため、配線内部に水が進入して腐食・断線し、スイッチによる扉の開閉ができなくなるおそれがある。

(1)は全車両、扉シャフトの回転軸の偏心量を測定し、偏心量が基準を超えているものはボールジョイントを対策品に交換する。(2)は全車両、車外扉開閉スイッチ配線の接続部の防水処理状態を点検し、不適切なものは防水対策を実施する。また、配線に腐食が見られるものは配線を修理する。

不具合発生件数は、(1)が43件で、(2)はゼロ。(1)は市場からの情報で、(2)は他社からの情報でわかった。いずれも事故は起きていない。

改善箇所説明図(2)