欧州向けスバル レガシィ ツアラー(日本名:レガシィ ツーリングワゴン)の2012年モデル

スバル(富士重工)の欧州法人は27日、『レガシィ・ツアラー』(日本名:『レガシィ・ツーリングワゴン』)の2012年モデルの概要を明らかにした。

2012年モデルのハイライトが、欧州で人気が高いディーゼルエンジンの進化。スバルの最新「ボクサーディーゼル」が、2012年モデルに搭載される。

今回スバルは、2.0リットル水平対向4気筒ディーゼルエンジンに、高効率のターボチャージャー、新しいエグゾーストカムシャフト、軽量化を促進したコネクティングロッド、新型触媒&DPFなどを採用。これらの改良により、欧州複合モード燃費17.56km/リットル、CO2排出量149g/kmを達成した。これは従来比で、7%以上の環境性能向上に当たる。

もちろん、パフォーマンスも高水準。2.0リットル水平対向4気筒ターボディーゼルは、最大出力147ps、最大トルク35.7kgmを発生。抵抗を減らした改良版6速MTとの組み合わせにより、0-100km/h加速9.6秒、最高速193km/hのパフォーマンスを実現している。