スズキ・パレット

スズキは、軽乗用車『パレット』と『パレットSW』、小型乗用車『ソリオ』の燃費を向上して2月27日から発売した。

軽乗用車のパレットとパレットSWの2WD・NAエンジン(自然吸気エンジン)搭載車は、エンジン制御を見直し燃料カット時間を長くしたほか、低粘度のCVTオイルを採用することでCVT内のフリクション(摩擦抵抗)を低減、燃料消費を減らした。燃費は20.2km/リットルから20.8km/リットルに向上した。

また、小型乗用車のソリオは、2WD車のアイドリングストップシステム搭載車を除く全グレードに低粘度のCVTオイルを採用。CVT内のフリクションを低減し、燃料消費を減らしたことで燃費を20.0km/リットルから20.6km/リットルに向上した。

価格はパレットのXが127万0500円、パレットSWのXSが142万8000円。ソリオはXが150万9900円。

スズキ・ソリオ