Brave-Cup Round-1開催《撮影 内田俊一》

26日、本庄サーキット(埼玉県本庄市)において、1978年型までのアメリカ車と、昭和55年型までの国産車を対象とする『Brave-Cup Round-1』が開催された。主催はStock car Club of All Japan(SCAJ)。

50台強のエントリーを集めたこのイベントは、当時(1960〜80年代頃)国内外で行われていたストックカーレースを彷彿させる雰囲気、カッコよさを大事にし、それらの愛好家たちがドライブしながら競技(大人のレースごっこ)を楽しむアマチュアのためのアマチュアが主催するものである(主催者談)。

このイベントの特徴は大きく3つある。ひとつは、前述のようにアメリカ車と国産旧車のレースが楽しめること。次は、完全なレース仕様は非常に少なく、ほとんどがナンバー付の車両であること。最後は、エントラントや観客、そして、主催者までが笑顔で楽しんでいることだ。

主催者によると、出来るだけお金をかけないでサーキットを楽しんでもらえたらという思いから、ホイールサイズは純正サイズ+1インチまでのサイズアップに限定したり、タイヤもSタイヤなどの場合は決勝グリッドのハンデを与えるなど、極力市販車の状態に近いものというレギュレーションを設定した。そこから、2つめの特徴であるナンバー付の車両が多く出場したのだ。また、参加のハードルを引き下げることもでき、より親しみやすいイベントとなった。

国産旧車とアメリカ車のエントラントはあまり交流がないようにも思える。しかし、今回のイベントを見る限りは、決してそのようなことはなく、それぞれのクルマが走っているときはコースサイドから熱い応援をしたり、パドックに停められている参加車両を子細に観察する姿があちこちで見られた。

次回は、夏過ぎから秋あたりで開催できればと、主催者はとても意欲的であった。

アメリカ車クラスはこのシボレー・コルベットがペースカーを務めた。《撮影 内田俊一》 シボレー・カマロとフォード・マスタングのバトル《撮影 内田千鶴子》 プリムス・クーダAARとシボレー・カマロのバトル《撮影 内田千鶴子》 おっとっと・・・・。《撮影 内田千鶴子》 とても速かったデ・トマゾ・パンテーラ。フォードエンジンということで参加。《撮影 内田俊一》 普通では見られない、シボレー・C10とシボレー・カマロのバトル。《撮影 内田俊一》 コブラクラスも設定。熱いバトルに観客も釘づけ。《撮影 内田俊一》 国産車クラスも負けてはいない。ブルーバードとローレルのバトル。《撮影 内田千鶴子》 グロリア2ドアHTも豪快に。《撮影 内田俊一》 スカイライン同士のバトル。《撮影 内田俊一》 意外にも速いセドリックスペシャル6。《撮影 内田俊一》