マルシャ・ヴァージン(2011年、F1ブラジルGP)

マルシャ・レーシング(旧ヴァージン)の新型車は、話題のステップドノーズにはならず、マクラーレン風のスタイルになるという情報がある。

今年多くのF1マシンが美的観点からは議論の多い段付きノーズ形状を採用した中で、マクラーレンと同チームの試験施設を借用するマルシャだけが例外となる マルシャとしては、あえて無理なデザインを導入する必要はないという判断が働いたようだ。

マルシャ代表のジョン・ブースのコメント。「旧型シャシーで参加したテストの目的は、実質的に新人であるシャルル・ピックにF1ドライビングを経験させることだけだった。ニューカーの登場はもちろん私も待ち遠しいよ!」