オートリブのモックアップ

昨年12月にサービスを開始したパリのEVシェアリング「オートリブ」は2月8日、ロンドンにある「デザイン・ミュージアム」が主催する「第5回デザイン・オブ・ザ・イヤー・アワード」を受賞したと発表した。

授賞式は4月24日に行われる予定で、これに先立ち2月8日から7月15日まで、デザイン・ミュージアムで展示が行われている。

デザイン・オブ・ザ・イヤー・アワードは、アーキテクチャー、デジタル、ファッション、ファニチャー、グラフィック、プロダクト、トランスポートの7部門に分かれており、オートリブはボーイング『787ドリームライナー』、ゴードン・マレー『T27』電気自動車などとともに、トランスポート部門で選出された。

トランスポート部門以外では、今年開催されるロンドン五輪の聖火トーチなども選ばれており、日本からは三宅一生氏の作品がファッション部門で選出されている。

デザインミュージアムは12月25・26日を除く毎日開館しており、開館時間は10時から17時45分まで、入館料は大人11ポンド、学生7ポンドとなっている。ミュージアムの所在地はShad Thames, London SE1 2YD。

オートリブのモックアップ オートリブのモックアップ オートリブのモックアップ オートリブのモックアップ