三菱商事は24日、メキシコで今年3月に建設開始が予定されている、マレーニャ・レノバブレ風力発電プロジェクトの持分34%を取得し、ラテンアメリカ最大の風力発電事業に参画すると発表した。

同事業は、総事業費約800億円で、マッコーリー・メキシカン・インフラストラクチャー・ファンド/ピー・ジー・ジー・エム社とともに、メキシコ・オアハカ州の南東テワンテペック地峡に、風力発電132基を幅数十kmにわたって設置するもの。

完工は2013年7月の予定で、発電容量39万6000kW。電力は、ラテンアメリカ最大の飲料会社、在メキシコFEMSA社とハイネケン社に、20年間の売電契約に基づいて供給される。

メキシコでは、2025年までに発電容量を現在の1.5倍である約9000万kWまで引き上げ、このうち、約2000万kWを再生可能エネルギーとする方針が打ち出されている。

三菱商事は、本件のような再生可能エネルギーを含む電力事業、並びに、環境・水・インフラ事業を、今後も積極的に推進していくとしている。