三菱デリカD:5《撮影 宮崎壮人》

三菱自動車が発表した2012年1月の生産・国内販売・輸出実績によると、総生産台数は前年同月比21.3%減の8万3611台と、7か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同27.7%減の4万3454台と、7か月連続で前年を下回った。

海外生産は同13.0%減の4万0157台で、2か月ぶりのマイナスとなった。アジアが同12.0%減、欧州が同26.3%減と大きく落ち込んだ。

国内販売は前年同期はエコカー補助金終了後の反動減でレベルが低かったことから、同16.0%増の1万2097台と、2か月連続で前年を上回った。『デリカD:5』や『デリカD:2』が好調だった。

輸出は同17.8%減の3万1695台と、6か月連続マイナスだった。北米向けは同41.3%増と好調だったが、アジア向け、欧州向けが不振だった。

三菱デリカD:2