20日午後6時5分ごろ、大阪府岸和田市内の府道で、交差点を右折しようとしていたワゴン車と、対向車線を直進してきたトラック(高所作業車)が衝突。ワゴン車側の6人が死傷した。警察はワゴン車を運転していた83歳の男を現行犯逮捕している。

大阪府警・岸和田署によると、現場は岸和田市包近町付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。ワゴン車は交差点を右折しようとしていたが、そこに対向車線を直進してきたトラックが衝突した。

ワゴン車は大破。後部座席に同乗していたとみられる82歳の男性と、79歳と74歳の女性が全身強打でまもなく死亡。他の2人が骨折などの重傷。トラックを運転していた35歳の男性も骨折などの重傷を負った。警察はワゴン車を運転していた同市内に在住する83歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。3人死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを進めている。

現場は昼夜を通して交通量が多いという。警察ではワゴン車が安全確認を怠ったまま右折を強行した疑いがあるとして、事故発生の詳しい状況を調べている。