ブリヂストンの「CAIS」コンセプトに基づいた路面状態判定技術

ブリヂストンは23日、同社の路面状態判定技術が、英国業界誌が選考する「Tire Technology International Awards for Innovation and Excellence 2012」で、優れた先端技術開発に贈られる「Tire Technology of the year」を受賞したと発表した。

Tire Technology International Awards for Innovation and Excellenceは、国際的なタイヤの専門家やエンジニア、研究者などが選考委員を務め、設計・製造技術、環境功労、タイヤ技術開発、ベストサプライヤー、ベストタイヤメーカーなど5つの分野で表彰している。

今回受賞した技術は、2011年9月に発表した「CAIS」コンセプトに基づく路面状態判定技術。同技術は、車両運転時の「安心」「安全」確保を目的として、タイヤに装着したセンサにより、降雪などによる路面状態の急激な変化をリアルタイムに感知し、ドライバーへタイムリーに伝達することを可能としている。

路面状態に応じたタイヤトレッドの振動の特徴を車載解析装置によって数値化し、現在走っている路面の状態を7つの区分に判定する技術力が高く評価された。

同社は現在、冬の道路管理の効率化を目的として、ネクスコ・エンジニアリング北海道と共同で「CAIS」コンセプトに基づく路面状態判定技術の実用化へ向けた取り組みも開始している。今後、路面状態判定精度のさらなる向上や判定システムの耐久性、信頼性の評価を行い、判定装置の製品化を目指す。

ブリヂストン タイヤによる路面状態判定技術 ブリヂストンが受賞した「Tire Technology of the year」 授賞式に出席するブリヂストン 中央研究所 研究第4部 基盤技術研究ユニットリーダー 森永啓詩氏