ミシュランは、ミシェル・ロリエ会長兼マネージング・ジェネラル・パートナーが5月11日に開催される年次株主総会で退任すると発表した。

株主の同意が得られれば、2007年5月にノン・ジェネラル・マネージング・パートナー、2011年5月にマネージング・ジェネラル・パートナーに選ばれたジャン=ドミニク・セナール氏がロリエ会長の後任となり、ミシュラングループ会長に就任する。

ロリエ氏は2011年2月、内規で定められた72歳に達した時点で任期を満了しない意向を示し、2011年の年次株主総会で後継者としてセナール氏をマネージング・ジェネラル・パートナーに指名、株主から承認されており、バトンタッチは既定路線だった。

ロリエ会長は「引き継ぎは完了している。ミシュランの業績は好調で、2011年から進めている戦略『力強い成長への新たな段階へ』を推し進めていくための多くの問題に対応する用意ができている」とコメント。

セナール氏の任期は2011年5月13日に開始しており、4年間で任期満了となるが、再任も可能。