18日午後1時ごろ、東京都港区内の都道を走行していたバイクが転倒。路上に投げ出された運転者が後続車にはねられる事故が起きた。運転していた19歳の男性は収容先の病院で死亡。クルマはそのまま逃走しており、警察は死亡ひき逃げとして捜査している。

警視庁・東京湾岸署によると、現場は港区台場1丁目付近で片側2車線の緩やかなカーブ。バイクは2台が縦列で走行していたが、先頭のバイクが転倒。2台目はこれを回避する際に転倒。運転していた埼玉県川口市内に在住する19歳の男性が路上へ投げ出されたところ、直後に進行してきた後続車にはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡した。クルマはそのまま逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として逃げたクルマの行方を追っている。

事故当時、現場付近の路面は一部が凍結しており、滑りやすい状態となっていた。