ホンダNC700X≪撮影 小松哲也≫

ホンダは、24日に日本国内で発売する新型大型バイク「NC700X」の受注が21日時点で1500台に達していることを明らかにした。国内での年間販売計画台数は3500台。

NC700Xの開発総責任者を務める本田技術研究所二輪R&Dセンターの青木柾憲LPLは22日、神奈川県葉山町で一部報道陣と懇談し、「21日時点で1500台の受注が入った」とした上で、「1年間の予定の3500台に対し1500台が(17日の製品発表から)数日で来てしまった」と述べた。

青木氏によると「国内で1年間に(同クラスのバイクで)1000台売れたら相当売れた部類になる」という。

NC700Xは排気量700ccの新開発エンジンを搭載し、ガソリン1リットルあたり41kmの低燃費を実現。また外国製部品を4割採用することなどにより製造コストを下げたのも特徴。価格は61万9000〜66万6000円。

ホンダNC700X≪撮影 小松哲也≫ 本田技術研究所・青木柾憲LPL≪撮影 小松哲也≫