BMW5シリーズセダンをベースにした高性能モデル、アルピナB5 BiTurbo

BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは、3月6日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー12において、『B5 BiTurbo』のパワーアップモデルを初公開する。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

そんなアルピナが、BMW『5シリーズセダン』をベースに開発したのがB5 BiTurbo。「550i」用の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンには、専用チューンが施され、最大出力507ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。これは550iに対して、100ps、10.2kgmもの上乗せだ。

今回の改良では、エンジンをさらにパワーアップ。最大出力は540ps、最大トルクは74.4kgmを獲得した。これは従来比で33ps、3kgmの性能向上に当たる。

トランスミッションはZF製の8速AT、「スイッチトロニック」。パワーアップしたB5 BiTurboは、0-100km/h を4.5秒で駆け抜け、最高速は319km/hに到達する。従来よりも、0-100km/h加速は0.2秒短縮され、最高速は12km/h伸びた。

ちなみに新型BMW『M5』は、最大出力560ps、最大トルク69.3kgm。0‐100km/h加速は4.4秒、最高速は305km/hだ。今回のB5 BiTurboのパワーアップは、M5を意識したものといえそうだ。

BMW5シリーズセダンをベースにした高性能モデル、アルピナB5 BiTurbo BMW5シリーズセダンをベースにした高性能モデル、アルピナB5 BiTurbo BMW5シリーズセダンをベースにした高性能モデル、アルピナB5 BiTurbo BMW5シリーズセダンをベースにした高性能モデル、アルピナB5 BiTurbo BMW5シリーズセダンをベースにした高性能モデル、アルピナB5 BiTurbo