ボルボ S60 T4 Rデザイン

ボルボ・カーズ・ジャパンは21日、ボルボ『S60』シリーズに特別限定車「S60 T4 Rデザイン」を導入。100台限定で販売を開始した。

限定車は、S60「DRIVe」がベースで、1.6リットル直噴ターボエンジン搭載モデルとしては初のRデザインモデルとなる。

エクステリアは、特徴的なRデザイン専用フロントバンパーとリアディフューザー、デュアルスポーツテールパイプと5本スポーク「ダイヤモンドカット」18インチホイールを採用。スポーティな外観を演出している。

インテリアでは、シートに新たなクッション素材を採用することでスポーツ性を向上。また、シート表面のレザーやテキスタイル素材、ステアリング及びシフトノブの本革、ABCペダル、フロアマットも専用のスポーツ仕様に仕立てている。

さらにフロントにストラットタワーバーを追加し、ボディ剛性を高めることで、ステアリングの応答性を改善。リアサスペンションにはモノチューブダンパーを採用し、接地感と追従性の向上を図るなど、スポーツ性能も高められている。

価格は435万円。

ボルボ S60 T4 Rデザイン ボルボ S60 T4 Rデザイン ボルボ S60 T4 Rデザイン アルミホイール(Ixionダイヤモンドカット) ボルボ S60 T4 Rデザイン インテリア ボルボ S60 T4 Rデザイン インテリア ボルボ S60 T4 Rデザイン スポーツテールパイプ ボルボ S60 T4 Rデザイン スポーツペダル ボルボ S60 T4 Rデザイン フロントグリル