実証実験のイメージ

国土交通省は、「博多アイランドシティ次世代物流研究会」(以下物流研究会)と官民連携し、「ITSスポット」を活用した物流効率化の実証実験を2012年2月20日から開始した。

「ITSスポット」は、2011年8月、全国の高速道路上を中心として約1600か所に整備され、広範囲の道路交通情報提供や安全運転支援などのサービスを開始している。

今回の実証実験では、九州地方の「ITSスポット」で物流事業者の実験車両のプローブ情報(走行位置などの情報)を収集し、このデータをリアルタイムで物流研究会へ情報提供する。物流研究会では、物流車両の到着時刻予測を納品先に事前に知らせるなどにより、配送荷物の効率化の可能性などを検討することにしている。道路管理者においても、同じプローブ情報を用いて交通分析への活用することを検討するとしている。

今回の実証実験の背景は、電機メーカーや家電量販店、物流事業者が九州地方の家電製品の共同配送によるCO2排出量の削減・物流効率化の取り組みを実施していることがあげられる。共同配送では、物流拠点での荷物の積み替えや再配送、量販店での効率的な納品作業が求められ、車両の運行管理に加え、到着時刻の正確な予測が必要となる。

ITSスポットがこれらの要求に対応できるかが今回の実証実験のポイントとなる。

九州地方のITSスポットサービス ルートマップ