ベントレー・コンチネンタルV8(参考画像)

英国の高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループ傘下のベントレーが、現在開発中と噂の新型SUV。同車が3月、スイスで開幕するジュネーブモーターショー12において、ワールドプレミアを飾る可能性が出てきた。

これは米国の自動車メディア、『AUTOWEEK』が報じたもの。同メディアがベントレーのクリストファー・ジョージ社長兼COOにインタビューし、「ベントレーのSUVがジュネーブモーターショー12で披露される」と伝えたのだ。

ただし、同COOによれば、ジュネーブで公開されるのはコンセプトカー。ベントレーは新型SUVの量産化計画を最終決定しておらず、ショーへの出品で反応を探る方針だろう。

この新型SUV、同じフォルクスワーゲングループのアウディ『Q7』やポルシェ『カイエン』の車台をベースに開発されると見られている。

ベントレーのSUV計画について伝える米『AUTOWEEK』