モーガン・プラス8

英国のモーガンモーターカンパニーは、3月6日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー12において、『プラス8』の改良モデルを初公開する。

モーガン社は1908年、ハリーHFSモーガン氏によって英国ウスター州に設立。スポーツカーを少量生産している。プラス8は、1968年から2004年まで生産されていた2シーターのロードスター。ジュネーブモーターショー12では、その改良モデルが8年ぶりに登場する。

復活を果たすプラス8のハイライトは、エンジン。旧ローバー製に代わる4.8リットルのV型8気筒ガソリンユニットは、BMW製がベースとなっており、最大出力367psを発生する。スポーツエグゾースト仕様は、最大出力が390psへ引き上げられた。

トランスミッションは6速MTと6速AT。車両重量は1100kgと軽量で、0-100km/h加速は6速MTが4.5秒、6速ATが4.2秒の実力。最高速は250km/h(リミッター作動)に到達する。