米倉山太陽光発電所《写真 明電舎》

昭和シェル石油の太陽電池子会社であるソーラーフロンティアは、同社製のCIS薄膜太陽電池を供給した「米倉山太陽光発電所」が稼働開始したと発表した。

ソーラーフロンティアは、同発電所に対し、CIS薄膜太陽電池10MW分を明電舎を通じて供給した。同発電所は、山梨県と東京電力が共同運営する日本最大規模の大規模太陽光発電所で、1月27日から営業運転を開始している。

米倉山太陽光発電所は、温室効果ガスの削減などを盛り込んだ「山梨県地球温暖化対策実行計画」の一環として取り組みが進み、造成地を利用して造られた。同発電所では、一般家庭約3400世帯分の年間電力消費量に相当する約1200万kWhの発電を見込んでいる。これによる二酸化炭素排出量削減効果は一般家庭約1000世帯の年間排出量に相当する約5100t。

東電のサイトでは、同発電所の発電状況を5分ごとに更新し公開している。

米倉山太陽光発電所