パテント・リザルトは、パラレルリンク型の産業用ロボット関連の特許技術の総合力ランキングを発表した。

2011年12月末時点の産業用ロボットに関連する特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に評価した。

パラレルリンク型ロボットは他の多関節型と比べ、高精度で高速・高出力の動きが可能が特長。

特許総合力トップとなたのは、トヨタ自動車系のジェイテクトだった。ジェイテクト、フランス・モンペリエ大学/フランス国立科学研究センターの研究員との共願となっている、4自由度のパラレルロボットに関連する特許が高い評価を受けた。

総合力2位はファナック。姿勢変更軸の自由度増加に関連する特許の評価が高かった。総合力3位は村田機械で、エンドエフェクタに関連する特許の評価が高い。4位はABB、5位は京都製作所だった。