東日本大震災の影響で現在一部区間のみで運行する三陸鉄道

ネスレ日本は20日、東日本大震災により被害を受けた東北・三陸鉄道の復興支援として、三陸鉄道へ寄付ができる「ネスレ キットカット ミニ ワールドバラエティ」を、3月5日から全国で発売すると発表した。

今回発売する「ネスレ キットカット ミニ ワールドバラエティ」の価格は525円、1製品あたり20円の寄付金が価格に含まれており、集まった寄付金は、ネスレ日本により三陸鉄道へ寄付される。

同商品は「世界のみんなと東北を応援しよう!」というコンセプトのもと、「キットカット」発祥の地イギリスのほか、オーストラリアで発売されているキットカットの味を再現し、日本のキットカットとともに詰め合わせたもの。イギリス風、オーストラリア風のキットカットは、味を忠実に再現し国内工場で製造、世界の主要なキットカットの味を一度に楽しむことができるものとした。

同社では、震災から1年を迎えるにあたり、世界中でキットカットを販売する同社ならではの復興支援方法として、世界中からメッセージを届けることで、東北の人たちにエールを届けたいと考えた。

今回、Facebook上で、イギリス、オーストラリア、日本を含む世界20か国以上で展開するキットカットオフィシャルページにおいて、東北地方や三陸鉄道に対する応援メッセージを募集する。

集まったメッセージの一部は、今後、三陸鉄道の車両や駅舎に掲出される予定だ。

2月19日現在の運行状況は、北リアス線:久慈〜陸中野田、宮古〜小本が運行中、南リアス線:全線運転見合わせ。(写真:三陸鉄道路線図) ネスレ キットカット ミニ ワールドバラエティ Facebook上で、東北・三陸鉄道への応援メッセージを募集する