新型BMW 3シリーズ に追加される320iグレード

BMWは17日、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー12において、新型『3シリーズセダン』の「320i」グレードを初公開すると発表した。

新型3シリーズセダンは、2011年10月に発表。ガソリンエンジン搭載車は、現時点では3.0リットル直列6気筒ターボの「335i」と、2.0リットル直列4気筒ターボの「328i」の2グレードだけだ。

320iは、新型のラインナップ強化を目的に投入される。320iは伝統的に、3シリーズの中核グレードの役割を担っており、新型でもその役割は変わらない。

320iのエンジンは、328iと基本を同じくする2.0リットル直列4気筒ターボ。ただし、出力特性は抑えられ、最大出力184ps、最大トルク27.5kgm。最大トルクは、1250rpmという低回転域から引き出される。

上級グレードの328iは、最大出力245ps/5000-6500rpm、最大トルク35.7kgm/1250-4800rpm。320iは328iに対して、最大出力が61ps、最大トルクが8.2kgm抑えられている。

また、BMWはジュネーブモーターショー12において、新型3シリーズの4WD仕様、「xドライブ」を初公開することも公表している。