リチャルド

トーロロッソの新たな2012年レギュラードライバーに、ダニエル・リチャルドとジャン-エリック・ベルニュが迎えられたのと同時に、セバスチャン・ブエミとハイミ・アルゲルスアリは、落第を宣告された。

その前には、ヴィタントニオ・リウッツィとスコット・スピードが同様にチームを追われているが、巷に云わる容赦ないレッドブルのドライバー管理体制について、リチャルドは恐れてはいないという。

「結果を出せというプレッシャーはもちろん感じている。でもそれはレッドブルからというよりも、自分自身に課したプレッシャーだ」

「つまり、今に始まったことではなくて5年前にレッドブルの育成ドライバーとなった時から……、否、もっと前、レッドブルの目に留まることが最初の目標だった頃から心に決めていたことだ。F1まで来られたドライバーならきっと誰でも同じだと思うよ」

「だから、レッドブルからプレッシャーがかかるのは当然だよ。F1のワールドチャンピオンを目指そうというのなら、結果が出せなければ、追い出されて当たり前だと考えていないと絶対に無理だよ!」

トーロロッソの2012年型F1マシン、STR7