ジャパンボートショー11

ヤマハ発動機は、3月1日から4日までパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナの2会場で開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2012」に出展すると発表した。

ブーステーマは「海、とびきりの週末」で、総合マリンメーカーとして幅広いマリンレジャーの世界を提案する。

第1会場であるパシフィコ横浜では、3月1日発表予定のニューモデルをはじめ、昨年10月に発売したフィッシングボート『YF-24』、マリンジェット『MJ-FX Cruiser SHO』など2012年モデルを中心としたプレジャーボート9モデル、マリンジェット5モデル、船外機9モデルを展示する。

海上展示となる第2会場の横浜ベイサイドマリーナでは『38コンバーチブル』など大型ボート2モデルを展示する。

さらに、製品の展示のほか、会員制マリンクラブ「シースタイル」や「ボート免許」のカウンターを設け情報提供を行うとともに、同社が取り組む環境保全や安全啓発、地域・社会貢献活動などへの取り組みもパネル展示する。

ジャパンボートショー11 ヤマハYF-24 F150 ヤマハMJ-FX Cruiser HO ヤマハMJ-FX SHO ヤマハMJ-FX Cruiser SHO 38コンバーチブル ヤマハAR190 ヤマハS-QUALO ヤマハSR-X ヤマハMJ-VXR ヤマハMJ-VXS