東芝(ナノテク12)《撮影 山田清志》

東芝は「ナノテク2012(第11回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」(15〜17日、東京ビッグサイト)に、このほど福島に派遣した20tトラックを改造した移動式土壌除染装置の模型(20分の1)を展示した。

この装置は、原子力発電所で実績のある除染技術を応用したもので、土壌中のセシウムを最大97%除去することができる。タンクに入れた汚染土にシュウ酸を加えてセシウムを溶離し、そのセシウムを吸着塔と呼ばれるものに吸着する。その結果、汚染土からセシウムが取り除かれ、以前の土のように使えるというわけだ。

「文字通り、当社の技術を結集した装置です。しかも、2か月間という短い期間で完成させました」と同社関係者は話す。

ただ、吸着したセシウムをどう処理していくかが課題とのことだ。また、処理できる能力が1日最大1.7tしかないそうで、広大な汚染土を除染するには相当な日数がかかってしまう。まずは学校や幼稚園・保育園の校庭、公園から始めていく予定だ。

このほか、同社は昨年12月に汚染水を除染する同じような装置をIHIと共同で開発しており、すでに福島に派遣しているそうだ。また、小型で軽量な放射線測定カメラも開発。これは従来比約30倍の感度を誇り、放射線が高いところは赤く映し出されるようになっている。

いずれにしても、1日も早く汚染土や汚染水がなくなることが望まれる。

東芝(ナノテク12)《撮影 山田清志》