『ランボルギーニ“50th Anniversary”−トラクターからスーパーカーへ、闘牛ランボルギーニの半世紀』展

アウトガレリア・ルーチェ(名古屋市名東区)において、『ランボルギーニ“50th Anniversary”- トラクターからスーパーカーへ、闘牛ランボルギーニの半世紀』展が開催されている。

アウト・ガレリア・ルーチェは2004年9月にオープン以来、自動車を軸とした個性的な展覧会を開催し、毎回好評を博している。

そして2012年最初の展覧会は来年50周年を迎えるランボルギーニだ。今回の展覧会には、ランボルギーニの第1号車『350GTV』プロトタイプの市販版『400GT』をはじめ、ベルトーネの奇才デザイナー、マルチェロ・ガンディーニが手掛けた伝説のスポーツカー、『ミウラSV』、『ウラッコ』、『カウンタック(クンタッチ)LP400』の4台が展示され、ランボルギーニに纏わるカタログやミニカー、さらには、ランボルギーニのトラクターの資料なども展示されている。

主催者は、「創始者フェルッチョ・ランボルギーニの熱い思いが具現化した、純血種の闘牛たちの時代をピックアップします。これらのモデルは、斬新なデザインや、圧倒的なパワー、そして、レーシングカーのような速さで、自動車界にセンセーショナルを巻き起こしました。そしてそのスピリッツは21世紀の最新のランボルギーニへと脈々と受け継がれています。人々を驚愕させ続けるランボルギーニの魅力を、その起源を振り返りつつ、半世紀の歴史の中にご覧下さい」と述べる。

会期は2月18日〜4月30日、定休日は月・火曜日(祝日の場合は営業)。入場料は無料。

資料画像:ランボルギーニ・ミウラ(前)とカウンタック(後ろ)《撮影 内田俊一》 資料画像:ランボルギーニのトラクター(1940〜50年代)。MUSEO FERRUCCIO LAMBORGHINIにて《撮影 内田俊一》