コロナ工業(ナノテク12)《撮影 山田清志》

コロナ工業(本社・神奈川県横浜市)は「ナノテク12(第11回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」(15〜17日)に、アルミと樹脂を一体成型する技術「アルプラス」でつくった車用部品を展示した。

通常、アルミ部品と樹脂部品の複合製品はそれぞれ別にプレス、樹脂成形加工された後、ネジでとめたり、接着剤で固定したりしていた。それに対し、アルプラスはアルミ表面に約40〜100ナノメートルの多数のポーラス(微細孔)をつくり、その中に溶けた樹脂を射出して結合させるというもの。樹脂はポーラス内部に食い込むため、アンカー効果を発揮してアルミと樹脂が強固に接合するそうだ。

その結果、製造工程も短縮でき、デジカメでは6〜10もの工程を省くことができたという。「家電や精密分野ではすでに使われていますので、これから自動車関係に売り込んでいこうと考えています。引き合いや問い合わせもずいぶんあります」と同社関係者。

同社は昨年事業に行き詰まり、企業再生支援機構と伊藤忠プラスチックスがそれぞれ51%、49%出資して再建中。この技術で復活を目指している。