パテント・リザルトは、水平多関節型の産業用ロボット関連の特許技術力を独自集計してランキングを発表した。

2011年12月時点の個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに特許の質と量から総合的に見た評価を行った。

この結果、総合力ランキングでは1位が安川電機。2位は米国ブルックス・オートメーション、3位が日本電産サンキョーとなった。

水平多関節型ロボットは、組み立てに利用されるケースが多いが、今回の分析では搬送ロボットに関するものが増えている。今回1位の安川電機と2位ブルックスは半導体ウェハ搬送ロボットに関した合弁会社を運営しており、この分野の2社の位置付けは他社を圧倒している。

また、会社規模の小さいローツェが総合力4位、ナブテスコが5位となった。