マツダCX-5《撮影 太宰吉崇》

マツダは16日、新型クロスオーバーSUV『CX-5』を発表し、同日より販売を開始した。エコだけではない、と話すのは、開発責任者であるプログラム推進本部主査の田中英明さん。

「ドライバーと同乗者がクルマと一体となって走る爽快感、そして、快適で安心感のある乗り心地など、クルマ本来が提供する楽しさを提案したい、意のままに操る歓びを提供したいと思い開発しました」

そこで、ゼロベースで運転操作の基本となる、走る、曲がる、止まる、これらの操作環境の最適化から取り組んだという。

「シートに座った状態で、右足を自然に伸ばしたところにアクセルペダルが、左足の先にはフットレストが、そして、手を自然に伸ばしたところにステアリングホイールがレイアウトされています」。また、アクセルペダルはオルガンタイプを採用。吊り下げ式よりも足首の動きに連動したアクセルワークが可能になった。

「ステアリングホイールに関しては、緊張している状態(10時10分)、通常の時(9時15分)、リラックスして運転しているとき(8時20分)、そのそれぞれの状態で最適な握りが出来るように、形状に工夫が凝らされています」

デザイン本部チーフデザイナーの中山雅さんも、「明らかにわかるのは、10時10分のところに親指を掛けるグリップが付いていることです。それ以外は、9時15分や8時20分あたりのグリップが、それぞれ適切になるように工夫しました。断面を少しずつ微妙に変えているのです。たぶん触っても違和感はなく、気づかないくらい自然です」と語った。

マツダCX-5《撮影 池田忍》 マツダCX-5《撮影 池田忍》 マツダCX-5《撮影 太宰吉崇》 マツダCX-5《撮影 太宰吉崇》 CX-5、田中チーフエンジニア《撮影 池田忍》