STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ)

スバルテクニカインターナショナル(STI)は18日、2012年のニュルブルクリンク24時間レース(5月17〜20日)参戦マシン、スバル『WRX STIレースカー』を、富士スピードウェイでシェイクダウンした。?

同参戦車両は、2011年仕様より約20kgの軽量化を達成している。吉田寿博選手と佐々木孝太選手の2名のドライバーが、富士スピードウェイのレーシングコースでテスト走行を実施し、普段スバルディーラーで働くディーラーメカニックもチームに合流し、レース本番に向けて作業内容の確認やピット作業の習熟などが行なわれた。

テストにおけるマシンの感触について、ドライバーの吉田選手は「20kgの軽量化がすべていい方向にいっている。ニュルでは気持ちよく走れるんじゃないかな、本番が楽しみ。ストレートもこのコースで250km/hくらい出ているから、ニュルでは265km/hくらい出ればいいかな」とコメント。

佐々木選手は「車としては正常進化している感じ。エンジンは中速域のトルクが増しているし、車が軽くなった事で低重心という部分がより引き出されている。ドライバーとしては安心感が増した感じ」と、コメントした。

STIの辰己英治チーム監督は「去年よりタイムも1秒詰まっているのでいい感じ。一部の修正を加えて本番に臨むだけ。ディーラーメカニックもいい動きをしている」と、テストの感想を述べた。同じクラスでライバルとなるのは、今のところアウディ勢のマシンとなるようだが、辰巳監督は「優勝を取りにいくしかない」とレースへの意気込みを語った。

STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ) STI、ニュル24時間参戦マシンをシェイクダウン(場所:富士スピードウェイ)