ヤマハPASナチュラT

ヤマハ発動機は2月17日、2.9Ahリチウムイオンバッテリーを搭載した電動アシスト自転車『PASナチュラT』の2012年モデルを3月31日から発売すると発表した。PASの2012年モデルはこれで全13機種となる。

2012年のPASナチュラTは、バッテリー残量を数字で表示する「デジタルメーター付きメインスイッチ」を新たに採用した。残量20%までは10%単位で、20%を切ると1%単位でバッテリー残量を表示する。充電が必要な時期を従来よりも把握しやすくなった。

また、上位機種同様のデザインフレーム、耐久性・静粛性にドライブユニットを採用し、商品性の向上を図った。さらに、細部のパーツまでトータルでカラーコーディネートを施し、車体カラーも全5色を設定する。

販売目標は年間2万台。価格は8万9800円。

ヤマハPASナチュラT ヤマハPASナチュラT