横浜ゴムジュネーブショー12

横浜ゴムは、3月6日から18日までスイスのジュネーブで開催される「第82回ジュネーブモーターショー2012」に出展する。

今回は3月の欧州発売にあわせて2つの新商品を初披露するとともに、横浜ゴムが考える「未来のタイヤの姿」を提案する。

新商品は乗用車用低燃費タイヤブランド「ブルーアース」のスタンダードタイヤ『ブルーアースAE-01』と、低燃費性能を高めた新世代SUV用タイヤ『ジオランダー・SUV』。

両商品ともに「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとする「ブルーアース」コンセプトの下で開発、低燃費性能に加え、安全性能や快適性能も追求した。

また、グローバル・フラッグシップブランド「アドバン」からは『アドバン・スポーツV105』、『アドバンS.T.』などを紹介する。

さらに、未来タイヤの提案では、自然界にある形状や現象に着目した「ネイチャー・デザイン」に基づいて開発したコンセプトタイヤを展示するとともに、同社が日本EVクラブとともに製作した電気フォーミュラカー『YOKOHAMA Formula EV X-01』を展示する。

横浜ゴムはジュネーブモーターショーに2003年から10年連続で出展している。