日本自動車工業会・志賀俊之会長≪撮影 小松哲也≫

日本自動車工業会の志賀俊之会長(日産自動車COO)は16日の定例会見で、自動車メーカー各社の決算について「連結だけみると比較的良いが、単独が大きな赤字というのは企業経営としては健全な姿ではない」との考えを示した。

志賀会長は「米国、中国、アセアンの堅調な部分に支えられて連結の決算は(総じて)黒字を確保できた」としながらも、「ポイントは単独の部分。日本は我々の本社があるところで、当然我々の納税は日本でやっている。今の円高の中で日本が相当な赤字が続いている状況が多い。それが長期化するというのは、健全な姿ではない」と指摘。

その上で「早く単独の黒字化を図っていく努力が必要になってくる。その時に今の円高の中でどういう事業形態をとっていくのか、生産の規模を維持し、あるいは雇用を維持してとっていくことは我々第一義的に考えているが、そのバランスの中で、今後の大きな課題になる」と述べた。

トヨタ自動車の2012年3月期通期の連結営業利益予想は2700億円だが、単独では4900億円の赤字を見込んでいる。またホンダも通期連結営業利益2000億円の予想に対し、単独では1500億円の赤字となる見通し。日産は単独の業績予想を開示していない。

日本自動車工業会会長会見≪撮影 小松哲也≫