ディスコヴォランテ2012のティーザーイメージ

イタリアのトゥーリング・スーパーレッジェーラ社は、3月にスイスで開幕するジュネーブモーターショー12に、コンセプトカーの『ディスコヴォランテ2012』を出品する。

カロッツェリア・トゥーリングは1926年、イタリア・ミラノに設立された老舗コーチビルダー。特許技術の鋼管フレームを使った軽量ボディ構造は、「スーパーレッジェーラ」と呼ばれ、アルファロメオ『8C 2900Bミッレミリアロードスター』(1938年)、BMW『328』(1936年)、フェラーリ『166』(1948年)、アストンマーチン『DB4』(1958年)などの名車に採用された。

しかし、1966年末に経営破たん。2006年にマラッツィ社が「トゥーリング・スーパーレッジェーラ」の商標権を取得し、トゥーリング・スーパーレッジェーラ社として再出発した。現在ミラノを拠点に、自動車メーカーと協力しながら、デザインエンジニアリングなどを手がけている。

そんな同社が、ジュネーブモーターショー12で披露するコンセプトカーが、ディスコヴォランテ2012。1952年に発表されたアルファロメオの名車、『C52ディスコヴォランテ』へのオマージュとして企画された。

車名のディスコヴォランテとは、空飛ぶ円盤の意味。同社が公開したティーザー画像からは、C52ディスコヴォランテの再来を思わせる円盤状のフォルムが確認できる。

アルファロメオC52ディスコヴォランテ(1952年)