カーシェアリング・ジャパンは、コメリと業務提携し、「コメリカーシェアリング with カレコ」を開始すると発表した。

4月1日より、JR燕三条駅前にあるコメリ三条金物資材館ステーションで、電気自動車(日産『リーフ』)3台を導入しスタートする。

現在、コメリの本社事業所を訪問する法人企業は年間のべ1万3000社に上り、その多くはJR燕三条駅との間をタクシーやレンタカーなどのガソリン車で往復している。

今回の電気自動車カーシェアリングの導入により、コメリを訪れる企業の利便性の向上を図るとともに、ガソリン車での移動に伴い発生するCO2排出量(年間およそ45t)の内、15%程度の削減を実現するとカーシェアリング・ジャパンでは説明している。

カーシェアリング・ジャパンは約2年半に及ぶ電気自動車カーシェアリングの自社運営の経験と、千代田区、さいたま市、福生市、品川区で対応した電気自動車カーシェアリングの受託運営ノウハウを活かし、コメリカーシェアリング with カレコの運営も行う。

コメリカーシェアリング with カレコの利用には、カレコの会員になることが必要。貸出は24時間年中無休で、料金は10分200円(最短30分から)となる。