北九州工場(2009年6月稼働)

ブリヂストンは16日、建設・鉱山車両用大型・超大型ラジアルタイヤの、世界規模で増加する需要に対応するため、北九州工場の生産能力を増強すると発表した。

これに伴い、佐賀工場で生産している大型・超大型ラジアルタイヤ用スチールコードの生産能力も併せて拡大する。

総投資額は約47億円で、2014年上期中に北九州工場の生産能力は日産約20t増強され、約165tとなる予定。

同社では、世界的な鉱物資源の生産増加に伴い、中長期的にも旺盛な需要が見込まれることから、2012年下期から北九州工場の第3期増強を開始。さらに2014年上期からは、米国サウスカロライナ州での新工場で大型・超大型ラジアルタイヤの生産開始を予定している。

北九州工場(2009年6月稼働)