マツダ CX-5《撮影 太宰吉崇》

マツダの山内孝社長は16日、東京で記者会見し、これまで取り組んできた「モノづくり革新」による原価改善で、『CX-5』は「すべての通貨(の輸出先)でも、利益が出せるようになった」と強調した。

CX-5は、世界販売計画である年16万台の全量をマツダ本社工場(広島県)で生産し、9割強を輸出に振り向ける。山内社長は、超円高下における戦略モデルの輸出採算への懸念に対し、円高抵抗力は十分あるとの見解を示した。

同社のモノづくり革新は、ここ5年取り組んできたもので、生産部門だけでなく開発や購買部門も一体となって設備や工程などを改善し、従来比で2〜3割の製造コスト減を実現したという。

山内社長は、製造コストの低減とともに、販売現場でのインセンティブなど変動費用の低減活動も進めることで、同社の上級SUVである『CX-7』よりは「台当たり15万円程度」の利益改善が可能との見方を示した。

マツダ CX-5《撮影 太宰吉崇》 マツダ CX-5《撮影 太宰吉崇》 マツダ CX-5《撮影 太宰吉崇》 マツダ CX-5《撮影 太宰吉崇》 マツダ CX-5 船積み