マツダCX-5

マツダは16日、新型クロスオーバーSUV『CX-5』を全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて発売する。世界中で成長を続けているクロスオーバーSUV市場に投入するマツダのグローバル戦略車だ。

CX-5では、初めて「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」をガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちのいい走りと、優れた燃費性能との両立をめざした。

ユーザーに「魅せる歓び」「意のままに操る歓び」「使い切る歓び」「永くつきあう歓び」を感じてもらうために、デザイン、ダイナミック性能、機能性、環境・安全性能すべてにこだわり開発したという。

山内孝代表取締役会長、社長兼CEOは、「エコが当たり前の時代に、マツダはすべてのお客様に『優れた環境・安全性能』と、『走る歓び』の両方を提供したい。この想いをかなえるために、マツダはエンジン、トランスミッションなどのパワートレインから、ボディやシャシーにいたるまで、クルマの基本要素を一新した」と語る。

CX-5には、2つの新世代エンジンをラインナップする。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は、高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合しながら、すべてのSUVの中でトップとなる18.6km/リットル(JC08モード)の優れた燃費性能と、最大トルク420Nmによる4.0リットルV8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを両立した。

高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、4-2-1排気システムを初採用し、16.0km/リットル(2WD車・JC08モード)の優れた燃費性能でありながら、「クルマとの一体感が味わえるリニアで気持ちのよいパワーフィールを得ることができる」とする。

両エンジン搭載車とも、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の対象で、購入時の自動車重量税および自動車取得税が優遇される。SKYACTIV-D 2.2は免税、SKYACTIV-G 2.0は75%減税)。SKYACTIV-D 2.2は、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象でもある。

メーカー希望小売価格は205万〜319万円。国内での月間販売台数は1000台を計画している。

マツダCX-5 マツダCX-5 マツダCX-5 マツダ CX-5《撮影 太宰吉崇》 マツダCX-5《撮影 太宰吉崇》