パテント・リザルトは、企業別の大学との共同出願件数ランキングを発表した。

今回の調査では、日本の特許庁に出願した海外の大学からの出願も含め、2011年12月末までに公開された公報を対象にランキングを集計した。

この結果、ランキング1位はトヨタ自動車となった。トヨタ自動車の共同出願相手としては、東京大学が最も多く、排ガス浄化装置用の材料、車両用シート、操行制御のためのセンサなどに関する共同出願があった。東京大学のほかには、名古屋工業大学、東北大学、名古屋大学などとの共同出願が多い。

2位はNTT、3位は『iPhone』の組み立てなどEMS事業で知られるFOXCONN ELECTRONICS。以下4位:三菱化学、5位:住友化学、6位:日立製作所と続いている。