CMキャプチャ

住友ゴム工業は、ダンロップタイヤのイメージキャラクターである福山雅治を起用した低燃費タイヤ「エナセーブ」の新しいテレビコマーシャルを2月18日から全国で放映する。

エナセーブは、燃料消費を低減する「エナジーセーブ」と、自然環境保護を実践していく「ネイチャーセーブ」を組み合わせた造語で、エネルギーも自然も守り、次世代へと伝えていくという思いを込めた。

今回、低燃費性能「AAA」を獲得した低燃費タイヤの新商品「エナセーブ・プレミアム」を加え、福山雅治とともに広告展開する。

今回のテレビコマーシャルは、1月から放送中の「始める。」編に続き、「守る。」をテーマに、命、家族、自然など守っていかなければならないさまざまなものに福山雅治が触れ合う様子を描く。

同社では、人や地球にとって大切なものを守り、次の世代へと伝えて行くことが、ダンロップとエナセーブの役割であるという思いを「守る。」という言葉に込めたとしている。