太陽光発電協会が発表した2011年暦年の日本での太陽電池出荷量は、前年比13.2%増の275万8881キロワットと大幅に増加した。

東日本大震災による電力不足などで、太陽光発電に対する需要が高まっている。

国内向けは同30.7%増の129万6073キロワットだった。国内向けの内訳は、住宅用が同37.3%増の110万3302キロワットと急増した。非住宅用も同3.3%増の14万4317キロワットと伸びた。発電事業用は4万5877キロワットだった。

電力応用商品が同32.6%減の2308キロワットと低迷、民生用は同71.4%減の269キロワットと落ち込んだ。

輸出は同1.2%増の146万2808キロワットと低い伸びで、需要が好調だった国内向けの出荷が優先されたもよう。