ヤマハ発動機・柳弘之社長≪撮影 小松哲也≫

ヤマハ発動機は15日、2012年12月期の配当予想を前期比5円50銭減配の年10円とすることを明らかにした。ヤマハ発動機は前期に3年ぶりの復配にこぎつけばかりだが、その直後での減配ということになる。

ヤマハ発動機の柳弘之社長は同日、都内で開いた決算会見後、一部報道陣に対し「今回は投資と収益と株主還元の3つをバランスさせながら、次の成長をしていきたいということで、その基準として配当性向20%においた」と説明した。

実際、今期の連結純利益予想170億円で、年10円配とする場合の配当性向は20.5%。また前期の連結配当性向も純利益269億円に対し年間配当15円50銭なので20.1%となる。

また、今期の純利益が37%の減益見通しとなるのは、新興国向けの商品開発や現地での生産能力増強に伴う投資を計画していることが要因のひとつになっている。今期の研究開発費は前期比9.2%増の710億円、設備投資は同53%増の690億円を見込んでいる。

ただ柳社長は、配当性向20%はあくまでも下限とした上で、「全体的な収益、キャッシュフローの状況によって、その都度考えていきたい」と述べた。

ヤマハ発動機決算会見≪撮影 小松哲也≫ ヤマハ発動機決算会見≪撮影 小松哲也≫