スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

メルセデス・ベンツ日本は、千葉県柏市内の「柏の葉キャンパス地域」で展開中のマルチ交通シェアリングサービスの社会実験と連動し、『スマート』の電気自動車による一般向け試乗プログラムを、2月14日より開始した。

柏の葉キャンパス地域は、世界最先端のスマートシティを目指し、交通システムにおいてもCO2排出の少ない地球環境に配慮したモビリティの活用を積極的に推進している。

その取り組みの一つが、電気自動車をはじめとするエコカー、電動バイク、自転車をすべて同一システムで貸出・返却するマルチ交通シェアリングサービスの社会実験。2011年6月より、柏の葉キャンパス地域周辺の住民、及び通勤通学者を対象に有料実験を展開している。

メルセデス・ベンツ日本は、この社会実験にスマートの電気自動車『スマート・フォー・ツー・エレクトリック・ドライブ』を1台、『スマート・フォー・ツー・mhd』を3台提供。今回の試乗プログラムでは、試乗者が自由な時間に自由なコースを走行でき、日常使用に近い環境で電気自動車の操作性や乗り心地を体感することができる。

スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スマート フォーツー エレクトリックドライブ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》