トヨタ・アクア《撮影 池田忍》

全体相場は続伸。

格付会社による欧州6か国の国債格付け引き下げを嫌気し、朝方は主力株への利益確定売りが先行。しかし、日銀が追加的な金融緩和政策の実施を決定したことで市場のムードが一変。外為市場で円相場が弱含んだことで、輸出関連株や不動産株を中心に買いが活発化。この動きが金融株などにも波及した。

平均株価は前日比52円89銭高の9052円07銭と続伸し、9000円大台を回復。昨年9月1日以来約5か月半ぶりの高値で引けた。

来期以降の業績回復に期待した買いが入り、自動車株は全面高。トヨタ自動車が55円高の3120円と続伸。ホンダが16円高の2796円、日産自動車が7円高の766円と続伸した。

ホンダ系の部品メーカー、ケーヒンが15円高の1527円と続伸。一部外資系証券が目標株価を引き上げたことが好感されたもよう。

全面高の中、マツダが2円安の145円と反落。三菱自動車が97円で変わらず。