NKSJホールディングスが14日発表した2011年4〜12月期(第3四半期累計)連結決算は最終損益が1469億円の赤字となった。タイ洪水による保険金の支払いや有価証券評価損を計上したことなどが影響した。前年同期は248億円の黒字。

一般企業の売上高にあたる正味収入保険料は前年同期比2.1%増の1兆4969億円だった。主力の自動車保険で料率改定の効果があったことや火災保険なども増収となり、けん引した。

しかしタイ洪水による保険金の支払いが915億円となったことや、有価証券評価損を1108億円計上、さらに法人税率引下げで繰延税金資産を386億円取り崩したことなどにより、大幅な赤字となった。

通期の業績予想は1月27日に修正した数値を据え置いた。通期の連結最終赤字は1000億円を見込んでいる。なおグループの中核会社、損害保険ジャパンの第3四半期累計最終損益は531億円の赤字、日本興亜損害保険は252億円の赤字だった。