スバルBRZ《撮影 野口岳彦》

30km/hで走っても、120km/hで走っても良いクルマ。欧米をターゲットとしたクルマづくりがメインとなる今、なかなかこういうクルマは少ない。

試乗したツインリンクもてぎでは、最初が制限速度30km/hの外周路。一時停止やT字路があり、一般道のようなイメージで走れる。

ガッチリとした鎧で守られながら、軽くスーッとなめらかに加速していく感覚は、とても不思議でスバルらしいものだった。

次に、レーシングコースの一部とオーバルコースの一部を、自主規制速度120km/hで飛ばす。ヒュンっと風が吹き抜けるような気持ち良さを感じながら、あっという間の俊足。

その間、けっこうキツいコーナーを踏みっぱなしでも、まったくブレないボディとの一体感。そして正確に減速してくれるブレーキングもとても安心できた。

トヨタ『86』のように振り回す楽しさは弱いけれど、なんとも言えない安心感の中で味わえる極上の加速フィールは、専用にこだわり抜いたサウンドチューニングの効果も絶大で、官能的とさえ言えるほど。

トップスピードに関係なく満足できる、新しいスポーツクーペだった。

今度は早く一般道で、見切りなどの運転しやすさや、収納などの使い勝手を存分にチェックしたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

まるも亜希子|カーライフ・ジャーナリスト

映画声優、自動車雑誌『ティーポ(Tipo )』編集者を経て、カーライフ・ジャーナリストとして独立。現在は雑誌・ウェブサイト・ラジオ・トークショーなどに出演・寄稿する他、セーフティ&エコドライブのインストラクターも務める。04年・05年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー(2005-2011等)選考委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。公式ブログ『運転席DEナマトーク!』他アップ中。

スバルBRZ《撮影 野口岳彦》 スバルBRZ《撮影 野口岳彦》 スバルBRZ《撮影 野口岳彦》 スバルBRZ《撮影 野口岳彦》 スバルBRZ《撮影 野口岳彦》