STマイクロエレクトロニクスは、車載用ICの業界標準規格AEC-Q100に準拠した市場初の3軸ジャイロ・センサ(デジタル出力)「A3G4250D」を発表した。

新型ジャイロ・センサは、インダッシュ型ナビやテレマティクス、料金収受システムを含む広範な車載アプリケーションの測位精度と安定性の向上に貢献するとしている。

ジャイロ・センサが回転運動検知の正確な測定値を取得することで、カーナビ、テレマティクス・システムの推測航法やマップ・マッチングの能力を大幅に強化する。推測航法機能は、GPS信号を受信できない屋内や高層ビル群などでも動き・移動距離・高度をモニタし、衛星信号の不足をカバーする。

高精度な測定値によってマップ・マッチング機能も向上する。これは観測された一連のユーザ位置をデジタル地図上の道路網と整合させる処理を行なう機能で、交通量分析やルート案内を含む多数のアプリケーションで使用されている。

新しい推測航法/マップ・マッチング機能は、3つの直交軸の全てのモーション検知をシングル・センシング構造で測定する独自のジャイロ・センサの設計コンセプトによって実現した。これにより軸間の干渉がなくなり、測定精度が大幅に向上するとともに、時間経過と温度変化に対して出力が安定する。

A3G4250Dは、最大+/−250dpsまでの角速度を測定でき、内蔵ICインタフェースが、回転運動のデータをデジタル・ビット・ストリームに変換し、標準SPI/I2Cプロトコルを介して専用マイクロコントローラに転送する。パワーダウン・モードとスリープ・モードに加え、より高度なパワー・マネージメントを可能にするFIFOメモリ・ブロックを内蔵する。

A3G4250Dは、現在サンプル提供中で、2012年第2四半期に量産を開始する予定。単価は、大量購入時に約6ドル。