関西電力のグループ、関電エネルギー開発は、淡路風力発電事業を1年先送りした。

関西電力は13日、兵庫県淡路市北部の丘陵地に建設していたグループ初の風力発電事業「淡路風力発電事業」の営業運転開始時期を2013年2月に遅らせると発表した。

淡路風力発電事業は、低炭素社会実現に向けた取組みの一環として、グループ会社の関電エネルギー開発が2009年8月に着工し、2010年2月から中断していた風車建設工事を建設基数6基で2011年10月に再開した。

同事業は2011年度中の営業運転開始を目指していたが、風車の基礎工事で岩盤掘削に時間を要したことや、強風により風車組立てが遅延していることなどから約1年間先送りする。

同社グループでは、安全最優先で工事を進めるとともに、低炭素社会実現のため、風力発電をはじめとした新エネルギーの開発に今後も積極的に取り組むとしている。